永遠の童顔

自分を出すのは苦手だけど、少しずつ自己表現できればいいな..:*:・'°☆

カテゴリー分けしました!&お知らせ

記事数が少ないうちにカテゴリー分けをしたほうがいいとの情報を得て、ここ数日その作業に没頭していました。パソコン苦手だから、失敗をくり返しつつ…なんとかできましたぁ;

あと、今までのブログについネガティブな部分が出ちゃってる時がありましたが、いずれは家庭環境のことも書きたいなぁと考えていて…自分自身をさらすのは勇気がいることで躊躇してしまっていましたが…次から書いていこうかなと思ってます。言いにくいことは最初のうちに言っておいたほうがいいとの記述を読んで決断しました。今まで軽口エッセイのノリだったので、後になればなるほど書きにくくなりそうだし(笑)  なんでこういうことを書きたいかっていうと、ただ自分が「吐き出したい」からに過ぎないんですけどね…。次からガラッと変わる(真面目モードになる)予定なので、あらかじめお知らせしておきますね。ひとしきり吐き出せてスッキリしたら、通常モードに戻ります。

メイドカフェ❤️レポ【後編】

e-maidを出て、その辺ブラブラ~て歩いていたら、やたらとメイドカフェに出くわすし、呼び込みしてる女の子は多いしで、もっかい他のメイドカフェにも行ってみたくなってきて。せっかくTちゃんがいることだしね!Tちゃんも「初めての店は一人だと入りにくいし、いいよ」とすんなり了承してくれて。これまで見てきた中でも、ナチュラルな外観で、一番普通のカフェっぽく見えるメイドカフェに引き戻すことにした。

 

2軒目のお店の感想は実況形式ではなく各ポイントごとにお伝えするね!

 

①ラテアート

f:id:foreverbabyface:20190411203657j:image

 目の前でうさぎさんを描いてもらえた!

耳の間はハートの形なんだけど、撮るタイミングが遅すぎて、

イラストがぶくぶく泡に呑み込まれてしまっている;;

 

 ②おまじない

♪まーぜー まーぜー おいしくなぁれ♪ という歌が聴こえてくる!

ドリンクに魔法がかけられてる模様!!

み…見たい!! ジロジロ見れないので、必死に聞き耳を立てる!!

わたしも注文すればよかったなーっ;

 

③ガールズトーク

メイドさんに「ネイルかわいーーー!」と言うと

(桜色だったり、お花も描かれてたりで、フェミニンなネイルをされていた)

「ネイルに気づいてくださるのって…お嬢様ばかりなんですよねぇ」としみじみ言われる。

後でTちゃんが 「お屋敷(e-maidを指す)ではネイルする子なんかおらんし!」と毒づいていた…。

 

④おじょうさま♡

わたしがお手洗いに行っている間に、Tちゃんがポイントカードをわたしの分まで作っていた!

名前は本名でもハンドルネームでもいいらしいので

「じゃあ、△△△でお願いします」と言うと

“△△△おじょうさま♡” と書かれてあった!

呼ばれるだけでなく、こうして実際に書いてもらえると、わたしお嬢様なんだ!ってより実感できるよねー(笑)

 

 

まー、いろいろと楽しめたけど…

どうしてもe-maidと比べてしまう…かな…。

クオリティの面で、ね…。

 

メイド服の生地が安物だなってガッカリしたし。

 

スペース上の問題があるから、「トイレは男女別で!」「トイレの中に鏡置いて!」とは言わないけど(安い店によく行くから男女共用でも抵抗はない/トイレ出たところに鏡は置いてある)、

「トイレに荷物置くスペースがなかった」のだけは困ったわーーーっ!

扉に荷物ひっかけるフックもなかったんだよー;

台はあったけど上にいろいろ乗ってて、カバンどころか化粧ポーチすら置くスペースなかったし!

しょうがないから、上に乗ってたカゴ(消臭スプレーとか入ってる)を床に置いて、自分のカバンを載っけた。←悪い子

女の子が働いてるのに、どうしてここまで気づかないかなーっ;

 

Tちゃんはというと「500円でチェキ撮れるなんてなー!こっちはセコセコ一生懸命ポイント貯めてんのに…っ」てぼやいていた(!)

これからこの店にも並行して通うんじゃねーか?

e-maidではTちゃんは会員だからポイントを貯めると無料でチェキが撮れるらしい。

会員でなかったらケーキ+ドリンク+チェキで1500円らしい。

間違ってたらすみません;

 

 

どちらのお店も客層はおとなしそうな感じに見える、ひとり客が多かったです。

たまに二人連れ、三人連れ。

 

そして、 どちらのお店もメイドさんのブロマイド的なのが販売されてて、アイドルっぽくっていいなーと思った。若さが、可愛さがうらやましい!!!

メイドさんてイラスト描くのも仕事のうちなんだーっ(カフェラテにもオムライスにもポイントカードにも!)てわかったら、ちょっとやってみたくなったけどー(年齢は置いといてー笑)

もしも若くて可愛いメイドと仮定して働くならば…

チェキとかおまじない系は5人までしかもたないだろうなーっ;

6人目以降はやってらんねー!てなりそう;目が笑ってない、みたいな…。

メイドさんは楽そうに見えるけど、実際のところは手に負えなさそうな気がする…。

 

 

そうそう、メイドカフェといったら執事カフェもありますが、沼にハマるのは目に見えているので自制しております;

メイドカフェ❤️レポ【前編】

親戚のお兄ちゃん(既婚者。以下、Tちゃんとする)がメイドカフェによく行っているらしく、前から「連れてったるでー」と誘われていた。最初は「わぁ、行きたーい」って乗り気だったけど、「ほんまもんのメイドさん見たら、自分が今後コスプレができなくなるんじゃないか」という心配がめばえたりして(←他人からすればどーでもいい笑) でも、せっかくの機会なので「やっぱり行ってみたい!」と思い直し、連れてってもらうことになりましたー。


Tちゃんの行きつけは大阪・日本橋にある【e-maid】というお店。調べてみると、老舗店で、今風の萌え萌えきゅん♡要素はなく、初心者でも(女性でも)安心してくつろげるお店らしい。元はレストランなので料理の味も定評があるとか!うっわー、楽しみぃー♪♪


ドキドキして店内に足を踏み入れると、「お帰りなさいませ、お嬢様」と出迎えてくれる!
きゃー☆噂のお嬢様呼び!!

店内はバラ模様の壁紙でとってもロマンチック!!(ホームページ上では前の壁紙のままですが、バラの壁紙に改装されて、よりクラシカルな雰囲気になっています)

そして、ひとりで来ていらっしゃる女性客を発見!実際にそういう方がおられると安心します。。。


オーダーする際は、テーブルに置いてある呼び鈴を鳴らしてメイドさんを呼ぶらしい。

Tちゃん一推しのメイドさんが出勤されていて、メニュー表を彼女が取る前に自分が取り、彼女が片す前に自分が片し、“スマートな男”を演出していた(笑) で、見事、彼女から「ありがとうございます」の言葉をゲット(笑) 恐縮させていたような気もするが…。


メイドさんのメイド服を改めて見てみると、とぉ~ってもクラシカルな雰囲気で素敵なのー!!ひざが隠れるくらいの丈の方もいれば、ロング丈の方もいて。短くないのがいい!!「かわいい」というより、「素敵」と形容するほうがしっくりくる。てか、
その制服着てみたぁぁぁぁぁい!
でもってバラの壁紙をバックに写真撮ってみたぁぁぁぁぁい!!
て気持ちになりました(笑)


常連客のTちゃん、メイドさんに「さっきからその制服着たい着たい言うてる」と伝えてくれました。
「ほんとそのメイド服すっごく素敵だし、めっちゃ着てみたいです!せっかくこんな素敵なバラの壁紙があるんだから、この前で写真撮りたいし、そんな、女子だけのイベントやってほしいですっ!」と一気にまくしたてるわたし;(初めて来たくせにあつかましい)
「制服(だったかな?)がリニューアルした際に一回やったことはあるんですけどねぇ」おぉ!すでに開催されていたのか!
「じゃあ、ぜひ!またやってほしいですっ!」どこまでも引き下がらないわたし;(図々しいったらありゃしない)
聞けば、その制服はそのメイドさんと同期の方が手作りされているという。(Tちゃん曰く卒業したコじゃないか?って)
そうなんだ!クオリティ高いよ!メイドさんが作るメイド服だけにデザインとか品質とか上品さとか全て計算しつくされてる気がするーーーっ♡


実は、わたしってば、ケーキを2ケも頼んでしまいまして(笑)←甘いもの好き。
ショートケーキとモンブラン、どっちも傍らに生クリームが添えられていたんだけどさー。
この生クリームが絶品で!!
超おいしかったのー♡

店内は撮影禁止だけど、お料理に限ってはメイドさん立会いのもと撮影OKらしいんで、バラの壁紙をバックに撮ったよ♪
f:id:foreverbabyface:20190411145435j:plain
イチゴがハート型!
いつもイチゴは最後に残しておくのに
今回に限って生クリームを一番最後に食べた(笑)


気づけば、Tちゃんがe-maidのポイントカードを2枚並べている。
満杯になったら、メイドさんと2ショットのチェキが撮れるんだって!
片方は満杯になってるので、「今日(一推しさんが)いはるし、今日撮らへんの?」と聞くと、なんとイベントの時までに取っておくと言う!!
ナースデイ♡とかあるんだって!
ふだんのメイド服では物足りなくなってるのかっ;
しかも今度は「(別の)〇〇ちゃんと撮りたい」と言う!!
すでに複数のメイドさんと撮りまくってるとか!!!
ここでチェキアルバムを出してくる。
もうかなり満杯ぎみ…っ;
ペラペラペラ~とめくって、一枚だけ見せてくれる。
自分の顔の部分だけ親指でしっかり隠して(笑)←デレデレ顔を見られたくないのか?

ふうん…。
一推しのメイドさん、かわいそうー。
でも、わたしも「あの子がいい、この子がいい」って言いまくってるし。
わたしって他人から見るとこんな風に映ってるんだな…。
合わせ鏡とはまさにこのことかぁぁぁ;;


Tちゃん、「ただおいしいお茶とケーキ食べに来てるだけやし」。
おいおい、この期に及んでまだそんなこと言う?!まだ使おうとしない満杯のポイントカード広げといてよく言うよ?!
「そうじゃないよね?」ギロリとにらむと
「う、うん…」恥ずかしそうに下をうつむく。
何回もメイドカフェに誘ってたのはポイントをためるためだったのか!!(以前にも女子を連れてきたことがあるとか!)
なら、ケーキ2ケもたいらげて十分貢献してやったぜ!!


お手洗いに立つTちゃん。
なんと男子トイレの壁紙も花柄になってるんだって!
じゃあ女子トイレも花柄のはずだねっ♪
わくわくして女子トイレへ向かう。

うわ~、小花柄の壁紙ーー♡
そして広ーーい♡
大きな鏡もあって、コットン・綿棒・あぶらとり紙まで常備されてるーー♡
トイレの中までお嬢様気分を味わえて、テンション上がった(笑)


帰り際、「制服を着るイベントの件、できるといいんですけどね」わざわざ声をかけていただいた。
その気遣い、しゃべり方……やさしー人だなー!Tちゃんが一推しするのもわかるなー!
ヤツは浮気者だけど…。そして非難できないわたし…;
類は友を呼ぶ、とはこのことか;;とe-maidを後にした。


【後編】へつづく。

青木琴美『僕の初恋をキミに捧ぐ』

↑本みたいに書いてるけど少女漫画です。

 

いやー、評判通りの秀作で素晴らしかったです!!

一日がかりで全12巻一気に読んだけど、どのシーンで泣いたかわからないくらい、いっぱい泣いた!!

泣くのって体にいいらしいですからね!

心を浄化したいなー、てときに読むのがおすすめかも!

 

泣けるし

笑えるし!

エッチだし!!

この3要素がいい具合にブレンドされてて、しかも『僕は妹に恋をする』ともリンクしており、「青木琴美、天才かよ」と驚愕せずにはいられませんでした。

 

加えて、主人公双方の母親が反対するというリアリティも有り。

そんなところが映画化ドラマ化にしたいと思わせるんだろうなーと納得できました。

 

そうそう、原作の繭は、気が強くて美人系だったんですね!

井上真央桜井日奈子がキャスティングされてたので、てっきりかわいい系かと思ってました。

 

夫婦と偽って旅館に泊まるとき、逞が緊張で手が震えながらも、“繭”の字をしっかり書いていたところが地味にきゅんポイントでしたねー♡

好きでなければ“繭”なんてむずかしい漢字書けないですからね!

逞くん、小学生の頃、繭の字おぼえるぞーって一生懸命練習したのかなー?

女子は好きな人の名前をひたすら書いて、ほとばしる気持ちをおさえるとこありますが(笑)

 

気になったのが、逞の友達、律ちゃんです。

誠実そうで穏やかそうで草食系男子に見えるのに、「結子さんに片想い中だから!」とみんなの前で言っちゃうし(たくまゆをくっつける成り行き上ではあるが)、

「一緒に観覧車乗ったのに進展ナシだぞ~」て嘆いちゃってて、奥手なとこがかーわい♡なんて安心しきってたら、

いつのまにか結子と何度かキスして胸までさわる関係になっていた!

(たくまゆペアをしれっと追い越していた!!!)

い、い、い、いつのまに??

この展開、急すぎてびっくりしちゃった☆

そこんとこ詳しく知りたかったなー(笑)

結子ちゃんはFカップらしいんで、理性がおさえ切れなかったんだろなー、なんて妄想がふくらむ☆彡

 

…はっ。

珠玉の名作もわたしの手にかかれば、とんだエロ感想に!(気づいたらエロばかり強調している;;)

物語の本筋は“命の尊さ”を訴えかける、素晴らしい作品となっておりますのでお間違えなきよう!! 

なぜ男性は気合を入れるとき髪をオールバックにするのか?

…というのが『ちはやふるー結びー』を見た感想です(笑)

 

もう来ないと思われていた太一(野村周平)が遅れて試合会場に登場!!

バリっと前髪上げてのスタイル!!(横前髪が垂れていたので完全なオールバックではないが、オールバック風)

太一の並々ならぬ気合が感じられたところで、物語はクライマックスへと最高潮の盛り上がりを見せる!!!

 

…はずが、わたしの気持ちは盛り下がった⤵⤵

 

わたしは前髪ぜんぶ下ろしてるほうが好きなんだよぉぉぉぉ

かわいいほうが好きなんだよぉぉぉ

 

 

どうして映画やドラマで、ここぞっていう大事なシーンになると(大抵クライマックス)、男性はオールバックにしがちなのか?

 

 

プライベートでも、初デートのとき、相手がオールバックで現れて、「いや、いつもの前髪下ろしてるのでいいんだけど」ってがっかりした。

 

そういうわたしも髪の毛結んでリボンつけていったから、それとおんなじことか?

女性が気合入れるとき、髪の毛束ねるのとおんなじことか!

ただ髪の毛がうっとーしーから、くくってるだけなんだけどな?

 

…要するに、前髪邪魔だから試合のときとか集中したいときはオールバックにするってことなんだろう。

あれれ?

もう答え出ちゃった(笑)

 

 

問題はオールバックにされても、「そーゆーの好きじゃない」ってことを伝えられなかったことである。

低い位置で結んでたら「ポニーテールのほうが好き」ってしっかりダメ出しされたんだから、こっちも負けずに言い返せばよかったんである!

「でかい顔がさらにでかく見えるよ」とか言ってやりゃよかったっっ(←悪魔)

 

言いたいことがあっても、すぐに呑み込んでしまう。

言いたいことを言えるようになれたら、不満もたまらずに、人間関係関係うまく回るだろーに。

 

そんなだから、世間体気にせずにいつも言いたいこと言ってる野村の周ちゃんにハマってました☆

次、僕キミの漫画感想を記事にして、周ちゃんブームを終了する予定です。

 

野村祭りになるかと思いきや、『砂の器』が思いのほか身に沁みた

VS嵐】野村くんが楽しみ~♪♪ってだけじゃなくて、『砂の器』チームに柴っちょの名前があったから、さてはこれは野間口さんと似てるからキャスティングさせたのか…?とこっちの方も気になってたんだけどー。ほんとにその通りだったので、VSの野間口さんいじりったらすごいな!果てしないな!(笑) いつも作品にほんのわずかしか出てないのに(メインキャストとは誰とも絡んでないのに)VSのオファーを引き受けてくれる、人のいい野間口さん。いい味出てるんで、引き続き準レギュラーとして時折出てもらいたいです(笑)

 

お目当ての野村くんは大先輩を前にしてか、今回は3番手だったからか、おとなしかったなー(なんだ、空気読めるヤツじゃないか笑) 

けど、ゲームのほうでしっかり魅せてくれたな!クリフライム超速かったわー!!あまりに速すぎるもんだから、後の健人があせっちゃって、変なプレッシャー与えないであげてってフォローしてあげたくなっちゃうくらい、さすがの活躍を見せてくれましたー☆ 

健人が同い年の野村くんとはまだ敬語で「一緒のシーンあるといいね」って言ってたから、この時はまだ一緒のシーン撮ってなかったのね?!後々、ケンティーは「誕生日に周ちゃんからシャンパンもらった」、周ちゃんは「ケンティーと友達になれてよかった」と話してたから、クリフクライムでの共同作業がいいきっかけになったのかな(笑)

 

んで、番組途中からいきなり渦中のスノーマン(ジャニーズJr.内のユニット)が応援で出てきてー。おっ6人!と思わせておいて新メンバー入ってるし!

なんかー、唐突だったよね。スノーマンの中では小柄だけどダイナミックな踊りで目を引く佐久間くんを推してるし、関西でおなじみのジーコもいたけど、今回はゴメン、もっと野村くんの声が聞きたかったわー;

担当の皆さんが地上波出演に沸いてる中、元ジャニヲタのくせにジャニ寄りの意見でなく、ごめんやでー;わたしの器は小さいと判明したところでーーー、『砂の器』へと続きます。

 

 

砂の器】ジャニーズってキャラが似てる者同士を共演させるけど、ヒガシと健人って前から似てると思ってて…隙がない者同士っていうの?器用で一寸のヘタレ要素もない、この二人は応援する気持ちになれなくって(爆) だからこのドラマは見ないであろうつもりでいたけど、僕キミコンビが出演するとのことで、あっさり視聴することに(笑)

 

野村くんの短髪は好みではないけど、体育会系の若手刑事役にピッタリだったし、日奈子ちゃんが出てる分よけいに前のドラマの印象を断ち切るためにも、短髪にして正解でしたね!本人は短髪のほうが好きだろうなぁ…。もうイケメンさらさらヘアーはしてくれなさそう…。

日奈子ちゃんは安定のかわいさだったー♡ お嬢様にはフルートがつきもの!

 

若手陣はフレッシュだったけど、ヒガシは颯爽としたイメージがあったのに、頭ボサボサのくたびれ感のあるベテラン刑事役をやるなんてな~。ほかの出演者にしても「あの人に似てるけど…あんな感じだったっけ?」という人が多く、重めの作品だから一層「年とったなー」て感じたのかな。いやに歳月の重さを感じてしまった。

 

いや、出演者だけでなく、観ている側の自分自身にも 変化があった。

 

かれこれ『砂の器』を初めて観たのは中学の頃でして。体育館に集められて、道徳の一環で観ました。加藤剛バージョンの映画。その頃ですでにひと昔前の映画だったからー、リアルタイムで観たわけじゃないよ!(そこまで年とってない) …ま、内容は覚えてないんだけどね(勉強になってない)。 後に連続ドラマ化されることになって、同級生が「男子が興奮してたの覚えてるわー」て言うんで、あぁ、そんなシーンあったなって思い出したくらい。薄い記憶を辿っていくと、確かこの時のはもっと差別要素があった気がするのだが…。ネットで調べてみる。うん、お父さんがハンセン病でいわれなき差別を受けた、とある。だから、偏見や差別はいけない、ことを学ぶために学校で観たんだよな。

で、後の連続ドラマというのが中居くんバージョンで。今回の健人バージョンではお兄さんが連続殺人事件起こして、さらにお父さんも殺人事件起こしてって二重設定になってるけど、お兄さんはいなかったような気が…。ネットで調べてみる。うん、そうそう、お父さんが村中を放火する事件を起こして逃亡することになったんだよ。

 

そんなこんなで3回目となる『砂の器』。

「かめだ」と出てくれば、方言でほんとは別の言葉なんだよな、血まみれのシャツを見れば、切り刻まれて電車の窓から吹き飛ばす有名なシーンへとつながるんだよな、といろいろ思い出してきて。だいたいのあらすじは知っているのに、どんどん見入ってしまい…。主要人物は皆、和賀も梨絵子も今西も孤独を抱えて生きているのだが。なぜだろう、今回、彼らの孤独感がどっぷり沁みた…。

 

なぜ、そんなにも深く染み入るようになってしまったのだろう?わたしが今、結婚してないからか?働いてないからだろうか?…いや、結婚もして仕事もあって、二人の子宝にも恵まれて、世間的には何不自由なく見える友人が、心の病気になったというではないか。旦那さんと転勤地を巡って揉め、それから上手くいかなくなったらしいけれど…。彼女は「あの頃のわたしは孤独だった」と言うー。

 

今や、ネットが普及したことによって、他人の生活が簡単に覗け、他人と比較してしまいがちで、昔と比べて、遥かに孤独を感じやすい状況にあるそうだ。わたしも知らず知らずのうちに影響を受けてしまっているのかもしれない。

年齢を重ね、多少の経験を積み重ね、知り合いの体験も踏まえ、ネット上で見ず知らずの人々の影響も受け、感じるものが増えたのかもしれない。

今回のドラマでは「見つかってほしいような、ほしくないような…」というセリフが妙に共感できた。わたしの場合、「本当の自分」が前述の言葉につながるか…。ネット上でもリアルな世界においても…。

 

そういえば、読書が味わい深いのは、同じ本を何回も読むたびに、違った発見があったり、感じ方が変わったりするからだという。

砂の器』は原作本もある上、映画化ドラマ化となると、時代設定、事件設定、人物設定が、年代ごと、制作ごとに変わる。物語の本質は変えず、それぞれの時代に合った設定に置き替わる、特殊な作品と言えるだろう。

今回は、“ハロウィン”や“防犯カメラ”が近年の世相を表していた。

 

中学の頃は何も感じなかったわたしが、十数年ぶりに観るたびに、登場人物の痛みがわかり、深く染み入るようになっていくことに驚く。

あー、でも鑑賞する環境も関わっているかもな。中学の時はまわりに生徒がうじゃうじゃいて集中できる状況ではなかったし。2回目は家族がいたし、今回はまるっきりひとりで見入ってたわけだから。そりゃ孤独感味あわざるを得ないよな(笑) 

SNSが普及して犯罪もどんどん変わってきているので、またもリメイクがあるかはわからないが、今度は「沁みるわ~」って泣きながら観てたりして?(笑)

 

リメイク作品を何回も見ていくのも面白いもんですね。

金曜日に『ちはやふるー結びー』が放映されるとな?!

なんだー、ついこないだ『ちはやふる』全シリーズ借りてきてしまったじゃんかよー。

『結び』がテレビ放映されるとわかってりゃ、節約できたのにー(笑)

 

てことで、『ちはやふる』の『結び』は除いて、『上の句』『下の句』『繋ぐ』の感想、いっきまーす!(いつも作品の感想らしい感想は述べていないが;)

 

袴姿が大好きでさー、もともとこの映画観に行きたかったんだよねー。男でも女でも袴姿を見るのが好き♡ (短大の卒業式でしか袴はいたことないから、もう一回着てみたいなーと思っている!!)

 

競技かるた部を舞台にした青春映画なんだけど、机くんが自分ひとりだけ勝てなくてやさぐれるシーンが泣いた…。わたしも自分ひとりだけできないことがどんなに多かったか…!水泳に逆上がりに自転車に!(運動神経わるかった;) 全部クラスで一番遅かったと思う。机くんの気持ちが痛いほどよぉくわかったよ!!しょっぱい思い出を思い出してしまったな…(笑)

 

そもそも突如わき起こった野村周平ブームにより借りてきたんだけど、『上の句』『下の句』では、野村はまだ野村ではなかった。『繋ぐ』から、あぁこれこれ、わたしが求めてた野村はこうよ!!と満足のいく仕上がりに。

野村でない=あかぬけてない
野村である=できあがっている

 

ビッグバンのD-LITEにも似てるなって、わたしD-LITE好きだから、つくづくこうゆう顔立ちが好きなんだなって思う。

 

てか、通ってる整体の先生(元カノがジャニヲタ)に似てるんだよ!いや、野村くんほどシュッとしてないよ?!先生をシュッとしてシュッとして50倍ほどシュッとしたら野村くんになる感じ。反対に野村くんをごつくしてごつくして50倍ほどごつくしたら先生になる。いや、よく言いすぎた。全然似てない。根本が似てるだけ。切れ長の目とか言いたいこと言えるところとかガキっぽいところとか運動神経いいところとかとんがってるところとかー。

 

ずっと「彼女いますか」ってことが聞けなくてさー。そのうちに「あれ?結婚してるかも」疑惑がわいてきて、やっとこさ聞いたら、うん、結婚していた…。結婚してるならすぐに知らせるのがセオリーだろうが!!あれだな、好意あるのわかってて、自分のこと好きでいてほしい、モテ気分味わってたいから、自分から言わなかったんだろうな。

 

なもんで、『ちはやふる』を全シリーズも見てると、だんだんつらくなってきて;コースが終了したら整体変えよ、と決心したのでした。

 

と言いつつ、明日の『砂の器』は見ようと思っている。野村周平桜井日奈子の僕キミコンビが出るんです!好きなヘアスタイルではないのに。つくづく矛盾しているわたし。許して。

 

…気を取り直して。

 

わたし、『ちはやふる』に出てる矢本悠馬くんも好きでさー(笑)←つくづく気が多い。矢本くんがイケてるとき、ジャンプの有岡に見えるのはわたしだけかなっ?!(苦情がくるぞ)逆に有岡少年をどんどんぶさいくにしていったら矢本くんになr…(同じこと言ってるし!)実は矢本くんの声が好きなんだよなー。有たんもイケボだと思うしー(だから二人をひとまとめにするな!!)『結び』では矢本くん、アリーみたいなカッコしてるから注目してみて!(要は二人ともかわいくて好きです♡)

 

『繋ぐ』はなかなか本編はじまらない!ってジリジリしてたら、オムニバスドラマが5話分あっただけでした…。

3話の広瀬すずと國村準の攻防戦が面白かったなっ。いやー、あれはよくできたコントでした!

メイキング④で広瀬すず上白石萌音が話してる後ろ、野村くんと矢本くんの密着ぶりが(どっちかがひざの上乗ってる?!)萌えました♡

 

明日は『VS嵐』も楽しみだなー☆

野村っぷりが見られるといいなー。

目立つものを持っていると話しかけられる

前回話していた白タイツを短大時代どんな甘めテイストの服に合わせていたかというと、

丸襟白ブラウス

ミルキーカラーのカーディガン

ひざ丈よりちょっと短いスカート

ロリータ少女っぽいいでたち。これらの上に

黒のダッフルコート

をはおり、さらに

犬バック(ダックスフンド型バック)

を持ち歩いていた(!)

かばん屋さんで「うっわ、かわいいー!ぬいぐるみみたーい」って目に止まり、思わず買ってしまったバック…。犬が好きってわけじゃないけど、童心回帰っていうか、ただぬいぐるみ持ってる頃に戻りたかったんじゃないかな。


f:id:foreverbabyface:20190323184037j:image

当時の写真を見ると(すっごく引きの画だと)小学生に見えます…;

 

この犬バック、こげ茶色で遠くから見ると意外に犬だとはわからない。近くまで来たら、「え、これ犬なの?!」と気づかれる。なもんで、知り合いはもちろん、知らない人からもよく声をかけられましたねぇ。お店入ってお会計のとき(バックからお財布を取り出す際に)店員さんに気づかれ、「わー、かわいいー」ってよくバックを撫でられたなぁ。さわり心地よかったんだよ☆ わたしも調子に乗って「ダンディーって名前なんですぅ」てペット感覚で紹介したりなんかして楽しかったー♪♪ こんなこと今までなかったから、目立つアイテム1個持っているだけで、会話の糸口になるんだなぁって勉強になりました!

なので、これから新生活を迎える皆さんの中で、人見知りで自分から話しかけられなーい;てタイプの方は、目立つアイテムさえ1個身につけていたら、向こうから話しかけてきてもらえますよー☆

 

 

余談ですが、短大卒業後はコートが

くすんだピンクのAラインコート

に代わり(さらに甘くなっとるやないかーい!)、さすがに犬バックをプラスすると甘々になってしまうので 、おとなしく

黒のエナメル風バック

に持ちかえていましたが…。

 

f:id:foreverbabyface:20190323184113j:image

ちょっとパリジェンヌ気取りか?

 

 

それでも時々、

ピンクのAライン×白タイツ×犬バック

の最強激甘コーデで街を歩いていました(笑)


f:id:foreverbabyface:20190323184142j:image

だって黒バックはあんまり入らないんだもーん

犬バックは意外と収容力バツグンだった!!

 

 

 

 

続『僕キミ』

きのう思わず『僕の初恋をキミに捧ぐ』について語ってしまったら、もっと語りたくなってしまったので、今日はその続き~。

 

ヒロインの桜井日奈子についても語りたい!彼女もともと好きだったんだけど「かわいくない」とか「演技下手」とかさんざんな言われようだったー;たしかに山田くんのドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』にゲスト出演した際は超ーかわいかったのに!(メイド姿がかわいかったー♡) 今作では連ドラ・ヒロイン役のプレッシャーからか、なぜか顔がむくんでた…。でも演技は上達したと思うよ!デビュー作『そして、誰もいなくなった』では突然伊野尾さんを誘惑してくるような役どころで、ぜんぜんイメージに合ってなくてひどかったけど(これに関しては事務所の社長に“なぜ清純派で売らない?!”と文句を言いたかった)それからは順調に少女漫画原作のヒロイン役が続いておりホッとしています…。てか、演技力でいうなら(野村くんの母親役で出てた)石田ひかりのほうがひどいと思ったけどなぁ?!ブランクあったから下手になったのかなぁと思ってたけど、「石田ひかりは昔から演技下手だった」との書き込みを見つけ。え?そうだったっけ?『あすなろ白書』見てたけど、そこまで覚えてないやー。『あすなろ白書』の石田ひかりといえば、白タイツはいてたシーンがあってさー。ちょうどその頃短大生で、冬の時期で、甘めテイストの洋服着たときに黒タイツじゃ合わないから白タイツはきたかったんだよねー。でも幼稚園生じゃあるまいし今さらはけないよなーってあきらめてたら、石田ひかりがはいてるのを見て、そっからわたしも便乗しだしたという(笑) 「ええっ、白タイツはいてんの?!」って何人もの人につっこまれたけど、その度に「あすなろ白書石田ひかりもはいてたからぁ」と平然と言い返していた(爆) ひかりさんには大変お世話になってるんです(笑) 新旧ヒロインの日奈子ちゃん、ひかりさんには演技下手との評判をはねっかえすがごとく!これからもがんばっていただきたいですー☆

 

PS, シーツにくるまった日奈子ちゃんの破壊力はすごかった…。(←すっかり男性目線)

 

 

ごぶさたしております

ブログを2ヶ月以上も更新せずで…こんなにあいてしまうと何書いて復帰しようか迷っちゃうもので;;えっと大変な時期を過ごしていて、案の定目も痛くなり、気持ちもだいぶ落ちてて、ブログを書く余裕がなかったんだけれども、そんな中なにに癒やされていたかというと、ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』にドハマりしていた(笑) てゆーか野村周平に(爆) もともと塩顔が好みの上、わたし好みの前髪ぜんぶ下ろしてるヘアスタイルだったもんだからビジュアルだけで「かっこいいやーーーん」てハートわしづかみにされ、王道のラブストーリーでイケメン主人公の役だったもんだから、もうずっきゅんずっきゅんハートを撃ち抜かれまくってたぁ;バラエティーでお見かけした彼はやんちゃで俺様キャラで「こいつ無理ーーー」と思っていたのにね。数々の炎上騒動を起こしている前科を知りながら「好きになってはいけない、好きになってはいけない」思えば思うほどーーー、ギャップ萌え??最終回、雪上でのキスシーン、なんだ、あのやさしい頭の撫で方は?!イメージにないじゃないか!!完全キュン死。教卓の中での密着とか、「もっとドキドキさせてくれよ」キス寸止めとか、きゅんきゅんポイントはたくさんあったが、何より演技が上手いなーと思ったよ。『帝一の國』でのクズ生徒役、『結婚相手は抽選で』での気弱ヲタク役、今回のイケメン役、と全然ちがう!!どれも見事に演じ切れている!!あー、つくづく素の彼が問題だらけなのがもったいない;しかし、ここでふと気がついたことが。あれ?わたしプライベートでもこーゆうタイプ、好きじゃね?って。かわいくて穏やかでのんびりした人が好きーーーと言いながら、かっこよくて外交的でスポーツ万能ていうタイプに惹かれやすい。そして上手くいかない(笑) そこがなー、今まで全然恋愛が上手くいかなかった所以なんだよなー。自分に自信がないから、いやに自信のあるタイプに惹かれてしまうんだよー(泣) こーゆうタイプを好きになりたくなかったら自分に自信をつけるしかない!!またブログ書いていって、少しずつ自分を見せていって、少しずつ自分を取り戻していこうと思います。以上、復活ネタがまさかの野村周平でしたっ;

 

 

PS, このドラマ、「原作(漫画)と設定がちがーう」「映画版のほうがよかったー」とかって評判は良くなかったようだけど…どっちも見てないから普通に楽しめたー♪

そして野村くん見たさに『ちはやふる』を借りてきてしまった…!

でも今後好きなヘアスタイルじゃなかったら見ないよ;(←ミーハーとはそーゆーもの) 

 

明るさの必要性

前回、関東と関西の地域差について触れましたが、もう一個思い出したことがあったので書き留めておきます。

 

初めて見たスマップのプロフィールだけど、そこでつよしくんが自身の性格を「のんびりしている」と記していたことに軽い衝撃を受けたんですよね。うちの学校では文集なんかでクラスの男子全員が「明るい」と書いてるような状況だったので!!あれ、そんなふわ~っとしたこと書いてていいの?!「明るい」と逆方向にあるような言葉だけど?!ってびっくりしたけど、それを堂々と書いてるつよしくんに新鮮味を感じました!そういうわたしものんびりしてるから、一緒だぁ♪ってほわわ~んとした気持ちになれましたねぇ。

 

それから数ヵ月して、今度はこんな質問がありました。

ちびまる子ちゃんのまるちゃんとたまちゃん。タイプなのはどっち?』

 

しんごくん→たまちゃん「まるちゃんはオバサンぽいからイヤ」
つよしくん→まるちゃん「女の子はちょっとドジなほうが可愛いよ」
もりくん→まるちゃん(残念ながらコメントは載っていませんでした)
ごろちゃん→たまちゃん「あの控えめな感じが◎!!」
きむらくん→たまちゃん(残念ながらコメントは載っていませんでした)
なかいくん→たまちゃん「たまちゃん?誰それ?え、おとなしいの?じゃあその子がいい」

 

メンバーのコメントはざっとこんなニュアンスだったと思いますが

たまちゃんのほうが人気あるなんて!!

明るいまるちゃんでなくていいの?って意外でした。

関西ではまるちゃんのほうが上回りそうなもんだけど?!

 

…こんなにわたしが明るさにとらわれるのも、明るさが正義とされる関西に住んでるからだと思うんですよね。

こっちでは

明るくてなんぼ!!

のノリですからねぇー。

 

人見知りで引っ込み思案でおとなしいおとなしいと言われつづけたわたしにとっては「明るくなくてもいいんだー」と東京の少年たちにちょっと救われた気がしました。

 

…え?パンク調で歌ってるのにおとなしいだなんて意外ですか?ふだん抑圧してることが多いから、はじけて爆発するんですよ…。

逆にふだん明るい人はバラード歌う傾向があるように思います(わたし調べ)。

 

ただ、すすんでしゃべらなくてもポッと出る一言が面白いとは言われたいかな。

つよしくんやいのちゃんみたいな路線を密かに狙ってます(笑)

たまに面白いと思ってもらえればそれだけで満足な一関西人なのでした☆

SMAPのことをサマップだと思っていた話から「超」の浸透論まで

わたしが初めてSMAPを知ったのは雑誌(某男性アイドル誌)からでした。SMAP結成から半年後のこと。その雑誌の中でSMAPだけ見たことがなかった。

こんな素人載っけていいんかなー?

ていうのが第一印象だった。しかし毎月彼らを見ていくうちに

この人たち仲良さそー

ってだんだん興味が沸いてくるようになった。隙さえあれば誰かが誰かの肩を組んでいる、とにかくスキンシップが多い少年たちであった。

 

だんだん好きになってきたものの、さてSMAPの読み方がわからない。Sだからサ行だよね…サシスセソのうちどれかだろう。とりあえず1番先頭のサをあてておくかなー。心の中で「サマップ」と呼んでいた。

 

それから彼らの中でもいつもニコニコしている剛を気になっていたのだが、はて名字が何て読むのかわからない。草といえばわたしの中で草刈正雄だったので、くさかりくんと代名で呼んでいた(笑)

 

早くふりがなを振ってほしーなー。知りたくて知りたくてたまらないよー。

 

なのに雑誌は意地悪で、一向にふりがなを載せてくれない(涙)

 

今月も!今月も載ってないのか!早く!早く!ふりがなプリーズ!!

 

5ヶ月ほどたってからようやくプロフィールが掲載された。

読み方は「スマップ」! (注①)

 

サマップじゃなかったのかーーーっ。予想はずれたーーーっ(←そこ?!)

 

そして剛くんの名字は「くさなぎ」と判明。それよかわたしより年下だったってことが大ショックだったけどね;アイドルって年上のイメージあるし、中学の頃って年下を好きになる概念がなかったからさ;これはミスプリに違いないと懸命に思いこんでいた。

 

メンバーの年齢がわかった訳だけど、年下の剛や慎吾から年上メンバーの肩組んでる写真も少なくなくて、そこが斬新だった。

 

当時、スマップは関東ローカルのバラエティーに出演しており、関西住みのわたしは見ることができなかった。雑誌には吾郎と剛が女装したレポートが載っている。吉本新喜劇を見て育ったわたしは

そっちでもそんな面白いことやってるのかー!

女装に食い付いた(笑)  

 

テレビ東京でもレギュラー番組があり、同系列のテレビ大阪ならその番組が見れるのだが、あいにく我が家ではテレビ大阪が見れない(涙)

 

もう見たくて見たくてたまらなかった。

 

結成2年目を迎え、TBSラジオでスマップのラジオ番組が始まる。ダメもとで試しに聴いてみたら……

き、き、聴こえるーーー!!スマップってゆってるよーーーっ。関西でも聴けたーーーっ(感無量)   

雑誌での印象そのまま、わちゃわちゃした雰囲気でとっても楽しかった♪

 

………が!!

何せテレビで見たことがないもんだから、誰が誰の声なんだかさっぱりわからない。

その頃の彼らといえば、みんなおんなじハイテンション!みんなおんなじくらいよくしゃべる!

どいつもこいつも「超」「超」ゆってるし!(注②)

ぜんぜん区別できなかった。

 

あー、誰の声だかわかったらこのラジオもっと楽しめるのになーっ;もったいないなーっ;でもとりあえず楽しそうだからいっかー;

全員の声の区別がつくまで1ヶ月もかかってしまった…。

 

東京からの電波は悪く、雑音まじりで時々スーッと音が消えていく瞬間があるものの、それでも毎晩必死にラジオにかじりついていた(注③)。今考えるとすんごい執念!!;

 

 

とにかくスマップを知った最初の頃は地方住みのわたしにはわからないことだらけで、ジリジリすることが多かった。苦労した分、ヲタク根性が燃え上がった気がします(笑)

 

 

 

 

注①:プロフィールにSMAPは『スポーツ/ミュージック/アッセンブル/ピープル』の略と書いてあって、スポーツのSだから「ス」なのかー。ふむふむ。ってすぐに納得できるわけなく、そんなの知らねーよ!って(笑)そんなの思いつけるわけないよねー?!

 

注②:ちょうどこの頃から「超○○」という言い方が流行りだして、スマップくんたちは「超○○」を乱用……いや、多用していた。聞き慣れてくると無性に使ってみたくなってくる!しかし関西ではまだ「超」は普及していなかった。

関西では「めっちゃ」という強力なコトバがあるので浸透が遅れたか、単にわたしの住んでるところが田舎だったからか??

こちらでも「超」が使われ出したのは3年も経ってからで、恐る恐る「超○○」と初めて口にした日にゃー、こっそり感動にうち震えていた(笑)

そのためスマップは同世代だけど、同級生感覚というより「都会の、一歩先行く男の子たち」というイメージ。←「超」だけで(笑)

 

今は逆に東京の若いコたちが「めっちゃ」を使ってるからおどろいてます!イントネーションはちがうけど。関西芸人が東京に進出した影響かな?「超」を使う機会を必死にうかがっていたわたしからすると、関西弁逆輸入の時代が来るなんて夢にも思わなかったのでした~!!;

 

注③:月~金、23:00~10分間の帯番組でした☆

お正月のテレビで一番ハラハラしたのは…

ざっと年末年始のテレビ感想ー。

 

紅白で印象に残ったのは広瀬すずが女優さんというより女子アイドルのような出で立ちだったこと!

それからUSAを完コピするちねたん、かわいかったね!

 

CDTVスペシャルでは渉が笑わせてくれた!五関くん、神ちゃんとダンスの名手がそろったら志村けん取り入れるしかないよなー(笑)

 

そんな中、一番の衝撃を受けたのはー

えみちゃんねる正月スペシャルにリチャが出演していた!!

えとー、えみちゃんていうのは関西の女帝上沼恵美子氏のことで、リチャってゆうのは関西ジャニーズジュニア草間リチャード敬太くんのことです。

上沼恵美子が取り仕切っているトーク番組(関西ローカル)になぜか関ジュのリチャが抜擢されていた!!

元旦のお昼間、実家でぼんやりテレビを見ていたら……えみちゃんねるの雛壇に見たことある顔を見つけて……二度見したよ?それからずっと凝視!!たまにデビュー済のジャニーズのコが出てるけど、よりによって正月スペシャルにジュニア?!って。ハードル上がりますやんか……;

何よりえみちゃんに気に入られるかハラハラするやんかー!!(←関西人にとっては大問題)

案の定、うちの母が「あれ誰?」と言い出して「あれは関西ジュニアのコでー、京都出身で、ハーフなんやけど英語しゃべれなくてー、マクド行ったら外国人メニュー見せられるんやけど裏の日本人メニューに無言でひっくり返すってゆう、あぁ見えて千枚漬けが好きなコ☆」と何エピソードも重ねてスラスラ説明す(笑)。きっと関西の各家庭で「あれ誰?」とざわついていたことでしょう;母からすればすごく年上に見えるらしく、20代前半だと教えても信じられない様子でした。正月スペシャルに出るくらいだからキャリアあるように見えるんでしょうか……。

ハラハラドキドキしつつリチャを見守っていたら、ある癖に気づいてー。彼、他のゲストさんの面白トークを聞いて笑うとき、手を口にあてて笑ってるのね。

その癖、伊野尾さんと一緒やんかー!!

いのーさんといい勝負ってくらい何回も手を口にあてていて……。いや、ほんとに勝負したら面白いかも。手を口にあてて笑わないようガマン対決!思わずあててしまったほうが負けー。勝ったら「男らしい」称号が、負けても「育ちがいい」称号がもらえます(笑)

などと妄想に脱線していたら、リチャが定番の「千枚漬けが好き❤️」ネタを披露しており

えみちゃんから「千枚漬け!!」と呼ばれる。

おっしゃリチャようやった!!

ひとまず合格点もらったな!!

あー、ほっとした。

 

ファンキーな見た目だけど中身は生粋の京都人、ダンスも漫才も上手いリチャ、関西ジュニアの看板背負ってバッチリ決めてくれましたー♪

タキツバ☆ラストステージ

あけましておめでとうございます。

タキツバのラストステージを何回もリピっております。(すばるにもファンの前でさよならできる場をツアーなりカウコンなり設けていただきたかったですけどね…)

翼、生放送大丈夫なのかな…と心配でしたが、無事に踊る姿が見れてよかったです!

タッキーの髪色が明るくなって王子様感満載でよかったです!

二人のハイタッチや握手がグッときました。

 

「REAL DX」

いつもJr.総出となって踊る曲ですが、こんなに身が引き締まって圧巻のステージを繰り広げられる曲って他にないですよね!Jr.自身もジャニーズ魂を感じながら踊っていることと思います。

「夢物語」

いつもJr.総出となって踊る曲ですが、こんなに華やかで盛り上がれる曲って他にないですよね!もちろんわたしもバックの一員気取りで一緒に踊りましたとも!

これらの曲は後輩たちが歌い継いでいってくれると思います。

素敵な楽曲を残していただいてありがとうございます。(※1)

 

デビューが決まった際は「デビューのために組んだ」と揶揄された二人でしたが、「やはり組むならこいつしかいない」というような強い覚悟が感じられましたし、距離を置いていた時間を埋めるかのごとく絆を固く紡いでいっているように見受けられました。ってかタッキーと同い年組はみんな彼に嫉妬心持ち合わせてますよね?!同い年ならではの葛藤があるんでしょうね…。それでも翼は得意のダンススキルを磨き上げ、フラメンコやスペイン語のスキルまで身につけて、努力に事欠かない姿勢は素晴らしかったです。翼のラジオは24時すぎからで寝落ちしないかぎり聴いていましたが、「滝沢にこれこれこんな風に誕生会開いてもらった~」と盛大に祝ってもらったことを嬉しそうに話していたのが一番印象に残っています♪そんな翼も病気でラジオに出られなくなって、タッキーが代わりに務めあげたことは以前の記事にも書きましたが、翼の最新情報が報告できるように、毎週毎週生放送で臨んでくれて!24時からという遅い時間にも関わらず!並大抵の人にできることではないです。こんな風にカバーしてもらえて翼は幸せ者だなぁと思っていました。タッキーの献身愛も素晴らしいですが、そうさせたいと思わせる翼の飾らない素直な人柄があったからこそですよね!最後に二人の強く固く結ばれた絆を見せてもらえて、心底感動しました。

 

実はタキツバコンには一度だけ参戦したことがあります(渉目当てでタキツバファンの方に悪いので後ろのほうのチケットを取って観させていただきました) 。MCで川野くんの話題が出たことが一番の収穫でした(怪談トリオでタキツバと一緒だった川野くん)。タッキーが「(ジャニーズ辞めた)川野と時々連絡取ってる」と言ってたんですよね(※2)。それ聞いてすごく安心したし、とても嬉しかったのを覚えています。ですので、タキツバは解散こそしますが、時々連絡を取り合いながら、二人の友情はずっとずっと続いていくものと思われます。二人そろった姿が見られなくなるのは寂しいですが、翼は治療に専念できますよう、タッキーはプロデュース業に専念できますよう、心から願っております。ジャニーズの王道を行く二人のステージングは素敵この上なく、大いに魅了されました。長い間、本当にどうもありがとうございました!

 

 

 

 

※1  「To be, or not to be」も名曲で大好きです!(←どうしても言いたかった) 

 

※2  照史も関ジュ時代「辞めたコも一緒にバーベキューやってる」って言ってたし、女の友情とは違って男の友情は長く続くもんなんですね!

これまでのブログを振り返りつつ自分のことを少し話してみる

特に自己紹介もせず、ブログを始めようと思った理由も話さずに、ここまで来てしまったので、ここら辺でちょっと話してみよっかなーという気になりました。

今の自分の状況を一言でズバリ言ってしまうと

 

無職

 

なんですよねー;

腰痛が悪化して仕事を辞めてしまって。

いや、体調不良は建前で、人間関係悪化が本当の辞めた理由ですね。

 

せっかく仕事辞めたんだからパーッと好きなことしたいなーと思ってやったのがロリータ撮影(!)

ロリータ撮影できるお店が原宿にあるって知って、わぁ、やってみたぁい❤️ってなって。ロリータに特別な思い入れはないんだけれど、かわいいお洋服全般が好きなので❤️なおかつきれいに撮ってもらえるなら言うことなし!そろそろ本格的にそのお店のこと調べないとなーって検索してたら、関西でもそんなお店があると知り。じゃあ遠くまで行かなくても近場で済ませちゃえーって、さくさくっとやっちゃいました!

そもそも40になる手前で「今のうちに好きなことやっておかなければ!」とメイド服を購入した経緯がありまして(笑) いや、メガネっ娘でもメイド服ならいけるかなって(笑) その時に撮影してくれるお店を探してたんだよなー。結局なかったのでプリクラ撮りに行ったっけ。そのメイド服も一回きりしか着てなくってタンスの奥で眠らせてたんだけど、今年のハロウィンで無事二回目着れたわけ(笑) クリスマスは無職だから新しい衣装買う余裕もないし、またまたメイド服かなーって考えてたら、ダイソーでかわいいサンタワンピを発見!400円なら買えるわーって見事新作で登場できましたとさ☆

 

それから時間のあるうちにブログも書きたくって(もともと文章書くの好きだし、読書感想とかジャニのこととか書きたいネタがたまってたので)、このはてなブログを始めてみたわけです。でもいざ始めてみたら、目・首・肩がこりまくってこりまくって!!!腰痛専門の整体に通ってるんだけど腰よりも症状がひどくなり、「何したんですか!」と先生につめよられる始末;二回目で恐る恐る「実はブログを始めまして…」と白状すると「好きなことやってるんならいいですけどねー」と許してもらえた!…が、いくら好きなことでも体に負担をかけては話にならないのでブログを書くペースを落とす(笑)いつまで続くかわからないので、早く一番書きたかったことを書かなければー!とあわてて真鳥と渉と中居くんの記事を書き上げる。もうジャニヲタは辞めてしまったんだけど、わたしのジャニーズ人生の中で一番心に残った話をしました。真鳥と渉の更正?成長っぷりには本当に心打たれ、多くの方に知っていただきたい一心で書き上げました。そして中居くん。文章を書いてる途中で中居くんの満面の笑顔を思い出したら涙があふれてきてしまい(!) 当時泣かなかったのに25年ほど経った今、泣けてくるなんてことあるんですね!何回も文章書き直すタイプなんだけど、そのたびに泣いてました(笑) 中居正広という人は自分よりも人のことでがんばれる人で本当に尊敬しています。

 

どうしても他の人に伝えたかった話が自担のことではなかった…というのが自担には申し訳ない話ではあるけれど;自担と呼べるのはつよしくんと…いのちゃんでした。もうファンクラブも辞めてコンにも行ってなくてテレビもがっつり見てるわけではないので、こんなわたしが語ってもいいのかなーってためらってたんですが…。でもヲタク辞めてもジャニヲタのバイトさんが入ってきてはジャニ話に花を咲かせ、仕事辞めても整体の先生がやたらとジャニに詳しくて(元カノがジャニヲタだったそう)ジャニ話に花を咲かせ。結局辞めてもジャニネタで盛り上がってしまうのだ;ってかAKB好きと出会ったらAKB、TWICE好きと出会ったらTWICE、てな感じでベラベラしゃべってしまう;アイドルのこととなると未だにイキイキと話しているので、元ジャニヲタという中途半端な立ち位置ではあるけれど、ここでももうちょっと話していこっかな~と思います。

根っからのアイドル好き!

という自己紹介でした;

 

それでは良いお年をー❤️